生活立ち上げ

【香港住民の必需品】香港IDカードの申請方法

ビザが取得できたらイミグレーションセンターで香港IDを取得できます。
オンラインで予約可能なので予約をしていくことをおススメします。

香港IDとはいわゆる身分証明書としてあらゆる場面で活用されます。これがあると香港出入国時の手続きも大変スムーズです。

香港の身分証明書の申請が必要な人は?

香港の条例により、11歳以上のすべての香港居住者(180日以上滞在)は、身分証明書の登録が必要です。ただし次のいずれかに該当する場合、身分証明書を申請する必要はありません。以下に該当しない場合は香港IDを申請しましょう。

  • 香港経由の乗り継ぎの本物の旅行者、または180日以内の滞在が許可されている人
  • 11歳未満の子供(香港永住権があるものを除く)
  • 登録局長官が身分証明書の登録を免除された高齢者、盲人、弱者

香港IDは早めに取得しよう

駐在によりVISAがおり自宅住所が決まったらまだ引っ越しが完了していなくても予約申請をして申請をしに行けます。香港IDは発効までに2週間ほどかかり、また予約自体も1週間後以上先でないと取れない場合もあります。計3週間以上先でないと香港IDが取得できないのことも考えられるので、そこから携帯電話の契約などができるようになります。早め早めに行動しましょう!

香港IDカードの申請予約をしよう

少し長いですが、頑張りましょう!

  1. まず下記ページのOnline Appointment Bookingという緑のバーをクリック
    https://www.gov.hk/en/residents/immigration/idcard/hkic/bookregidcard.htm
  2. Appointment Booking for Hong Kong Smart Identity Cardの中からMake Appointmentをクリック
  3. Privacy Policyを読んだらDeclarationのチェックをしてStartをクリック
  4. STEP1 Part A: Application DetailsのApplication Natureの中のFirst Registration of identiry Cardsを選択
  5. その横の枠ではOthersを選択
  6. Number of applicationで申請する人数を選択
  7. Part B: The Applicant’s InformationのApplicant 1より、Identity documentでPassportを選択
  8. 横の枠にパスポート番号の下6桁を入力(その横にもカッコがあるがここは入力なしでOK)
  9. Date of Birth (Day-Month-Year) (Please input day of birth and year of birth)に誕生した日にちと生まれ年のみ入力
  10. Part C: Enquiry Codeにて任意の4桁の数字を入力(予約日の変更をする際などに求められるPWなのでメモしておいてください)
  11. Part D: Validationにて画像認証のため出てきた文字数字を打ち込みContinueをクリック※何度画像認証を入れても先に進めない場合は、Part A~Part Cで入力漏れがあるか画像認証の入力自体が間違っている可能性があるので再度確認してください
  12. 日にちと場所を選択する。
    ※もしどの日付も都合が悪ければOther dateを選択し都合の合う日にちと時間を選択
  13. STEP3予約の二日前に予約確認メールをもらいたい場合はメールアドレスを入力し、いらない場合はNot rewuiredをクリック
  14. STEP4予約の確認内容が出るのでこれでよければConfirmをクリック

これで予約は完了です、お疲れさまでした!このまま緑のSTARTボタンが出てくるので予約当日に記入する申し込み用紙を事前に記入できます。入力に進んでも良いですが、当日様式をもらいその場で書いてもOKです。

また、申請用紙のPDFを印刷し手書きで記載して持って行くこともできますので後に説明します。

予約を変更する際は下記のChange/Cancel Appointmentから変更可能です。https://www.gov.hk/en/residents/immigration/idcard/hkic/bookregidcard.htm

予約が終わったら申請用紙を書こう

申請の予約だけでは申請はまだ完了していません。申請用紙が必要です。事前に申請用紙を手書きで記入する際は下記URLのDownload foam ROP1という緑のボタンをクリックして印刷してください。この要旨はイミグレーションセンターでも当日もらえるので必ず事前に記載をしていなくても大丈夫です。

ダウンロード:https://www.immd.gov.hk/eng/forms/forms/rop1.html

申請用紙の記入例を用意しましたので参考にしてください。

湾仔イミグレーションセンターへの行き方

予約当日は、VISAが貼ってあるパスポートと申請用紙を持ってイミグレーションセンターへ行きましょう!(申請用紙は窓口でももらえます)

  • 湾仔駅を降りA5出口から出るとそのまま移民局に繋がる橋に出ます
  • 橋を直進しイミグレーションへ到着したら突き当たりを左折します
  • 目の前にエスカレーターがありますのでこれに乗って8階まで行きます
  • ID申請の窓口があり、予約ありの人となしの人でわかれます
  • 予約ありの列に並び、パスポート、申請用紙(申請用紙の記入がまだだと伝えると紙をもらえました)、予約情報を伝えると番号がもらえるので呼ばれるまで椅子で待って下さい
  • その後は係員の指示に従って写真撮影、名前登録、指紋採取などを行います

湾仔イミグレーションセンター

申請が終わったら

控えがもらえるので、香港ID受け取りの際に必要です。大事に保管してください。2週間程度で香港IDカードが出来上がります。受け取り期間をその場で教えてもらえますので必ず期間内に行ってください。

控えをなくしたり期間内に受け取りにいかないと申請内容がキャンセルされ最初からやり直しとなります。注意してください。

また、念の為パスポートも持って行ってください。

香港IDカードの受け取り

まず前回同様イミグレーションのの8階へ行きます。14番窓口に受け取りについたら控えを提出します。放送で名前が呼ばれますのでそれまで待合所で待機します。名前が呼ばれたら指紋の確認、IDの内容に誤りがないか画面で確認して終了です。

予約なしで行く場合

もしオンラインで近日中に予約が取れない場合は、予約なしでも可能です。
日によってかなり並ぶ場合とすんなり行ける場合があるのでイミグレーションセンターが開く念のため時間に余裕のある日に行きましょう。8時45分から業務開始なので30分ほど前には着くように行くのがおすすめです。

お疲れさまでした、これであなたも香港住民です。香港ではあらゆる契約行為の際にIDカードの提示を求められます。よりスムーズに生活を立ち上げるため、早めにIDカードを手に入れましょう!

そして早めに銀行口座も作りましょう↓

【香港の銀行】HSBCで口座を開設しようこれから香港に住む際、銀行口座の開設は必須ですよね。駐在等のお仕事で初めて香港で銀行口座を作る方向けに口座開設の流れを私の経験をもとにご...